• がんと闘う方法
  • 人類史上最も強大な敵とも言えるがんは、実は自分の細胞が作り出しているんです。
アレンジゲルソン療法では、がんと闘う方法として日常生活にちょっとした工夫をプラスするだけでシンプルに完治を目指した生活を実践できます。

免疫療法などは保険適用外のケースが多く、高額な費用がかかってしまうため、簡単に受けれないのが現状です。

出来る限りお金をかけず、ちょっとしたアイデアで再発の防止やステージ4の末期症状から生還を目指せる方法と、身体に良い野菜の選び方などを基本としています。

例を挙げると、マーケットで販売しているニンジンは安ければ一本50円ほどですが、抗がん作用である抗酸化成分が多く含まれているニンジンを選ぶと、一本80円ほどします。

普通の生活をしていると、この30円の差は大きいと考えてしまいがちですが、実際はそうではないんです。
もし、再発や転移をした場合、医療費は毎月もっと高くなります。

抗がん剤の場合、月に2回点滴をしたとしても平均して3万円ほどかかります。
そのほかに診察料金、吐き気止めなど経口薬を合わせると月に7万円を超えてしまう事も珍しくありません。

それを考えると、ニンジンの単価が30円上がる事など、小さい出費に思えてきます。



生活習慣の改善


生活習慣の改善という大きいくくりにすると、大変そうなイメージになってしまったり、器具やサプリメントなどの購入が必要と思いがちです。

ですが、高額な器具などを購入する必要は全くありません。
お金をかければ、闘病生活を有利に進められることは明白ですが、みんながみんな治療に高額なお金を使う事が出来る訳ではありません。

お金をかけず、アイデアと昔からの知恵でがんに打ち勝ち卒病を目指します。

アレンジゲルソン療法の基本

  • 一日1時間程度の無理のないウォーキング
  • 適切な睡眠を適切な時間に
  • タバコや深酒は控える
  • ストレスはその日に発散
  • 控えの七ヶ条を考慮した食生活
アレンジゲルソン療法の目的は、お金をかけず、身体に良いと言われている当たり前の事を当たり前に実践するだけです。
簡単に実践できなければ、抗がん剤治療など病院で受ける治療と両立させることが難しくなってしまいます。
アレンジゲルソン療法は、毎日の積み重ねを続けることが大切です。


食生活の見直し

上でも話しましたが、こちらに書くことも当たり前の事なんです。

お酒が好きな人が、お酒を飲みすぎて肝臓を壊したのに、お酒を今までと同じように飲み続けて良い訳がありません。

タバコを吸いすぎて呼吸器の病気になった人が、タバコを同じように吸っていて治る訳がありません。

それと同じように、病気になった時の食生活を見直し、無理なく栄養のバランスが取れた適切な食事をすることが重要です。

今日から始められることは今日から始める

これは、病気に関わらず日常生活でも同じことが言えます。

「今日、できることは今日のうちに。」

今からでも遅くはありません。
大切な人達の為に、少しだけアレンジゲルソン療法をしてみませんか?

食生活改善のポイント

  • 抗がん作用の高い食品を摂取するようにする
  • がんが喜ぶ成分の摂取を控える
  • 玄米菜食に徐々に切り替える
  • 高カロリー・高コレステロール・高塩分・高脂肪・農薬・化学肥料・化学調味料は可能な限り控える
ガン細胞に栄養を与えない食品ガンを元気にする食べ物
食材
食材
  • 野菜類
  • 若芽、ひじき、海苔など海藻類 
  • 麩など小麦グルテン類
  • 豆腐・納豆など豆類
  • クルミ、落花生などナッツ類
  • 玄米、全粒粉、そばなど精製されていない穀類 
  • 肉類
  • 乳製品
  • 白米・小麦など精製した穀類 
  • 化学薬品や化学調味料
調味料
調味料
  • 玄米黒酢、バルサミコ酢など
  • 加工していない黒糖、蜂蜜
  • シソ油、エゴマ油、亜麻仁油
  • 生姜、ニンニク、わさび、からし
  • ゆず、レモンなどかんきつ類
  • ハーブ類
  • ゴマ
  • しいたけ、昆布
  • 塩、醤油、味噌
  • 白砂糖
  • 酒、みりん
  • コショウ
  • 鰹節、煮干し
  • 菜種油、ごま油
飲料
飲料
  • 麦茶
  • ハーブティー
  • 100%の野菜や果物ジュース
  • カフェインの入ってないお茶
  • 蕎麦湯
  • カフェインの入っている飲み物
  • アルコール
  • 糖分のあるジュース

アレンジゲルソン療法の主食

  • 主食
  1. 黒米や豆入りの玄米(炊き方にポイントあり!詳しくはコチラ)
  2. 玄米餅(きなこやゴマ、黒砂糖や海苔で)
  3. ざるそば(酢、ねぎ、わさび、海苔などがんに栄養を与えない薬味
  4. 全粒粉パスタ
  5. 全粒粉パン
  • 焼き物(オリーブオイルを少量使うだけで焼く)
  1. 野菜焼き、きのこ焼き、豆腐焼き(ニンニクやレモンや生姜)
  2. キノコホイル焼き(マイタケ、しいたけ、しめじ、エリンギ、いぐち類、生姜や昆布出汁で)
  3. 豆腐あんかけ(ねぎ、いんげん、にんじん、しめじ
  4. 切り干し大根のそば粉焼き(わさび、昆布出汁、しそ油
  5. 根菜類や緑黄色野菜を使った温野菜
  • 煮物
  1. 里芋、レンコン、ニンジン、ごぼうなど、地面に真っすぐ生える野菜類(酢、黒砂糖、昆布で)
  2. 大根の葉、タケノコ、高野豆腐(酢、黒砂糖、昆布で)
  • シチューやグラタン
  1. トマト、玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、きのこのトマトシチュー(ハーブ、トマト缶、トマトジュースで)
  2. ほうれん草、ブロッコリー、ジャガイモのグラタン風(豆腐ペースト、クルミ、豆乳)
  • 鍋物
  1. 野菜、きのこ、豆腐の鍋(昆布、ゆず、酢などで)
  2. 湯豆腐(昆布、生姜、ねぎ、酢
  • おひたしや酢の物(塩もみはしない)
  1. 青菜やインゲン豆の和え物(ごま、ピーナッツ、黒砂糖)
  2. トマト、きゅうり、若芽の酢の物(玄米酢、黒砂糖、蜂蜜で)
  3. ニンジン、大根、キュウリの千切り野菜の酢の物(玄米酢、黒砂糖、蜂蜜)
  • サラダ(温野菜は塩を使わない)
  1. 野菜とキノコのサラダ(ドレッシングはバルサミコ酢や亜麻仁油
  2. もずく、メカブ、ところてん(生姜、酢、黒砂糖で)
  3. 刺身こんにゃくのカルパッチョ、水菜、ブロッコリー、ピーマン
  • スープなど汁物
  1. 明日葉の薬膳風スープ
  2. 野菜やわかめ、しいたけスープ
  3. 生姜湯
  • デザート
  1. 焼き芋、砂糖やバターを使わないスイートポテト
  2. くずもち
  3. 果物
  4. そば粉クレープ
  5. 麩菓子(黒砂糖、蜂蜜)

powered by crayon(クレヨン)